治験薬

2019年入社 生命医科学研究科 医生命システム専攻卒業(修士)技術部 治験薬分析グループ方の写真
毎日新しい
発見がある。
多種多様な分析業務が
やりがいに

2019年入社
生命医科学研究科 医生命システム専攻修了(修士)
技術部 治験薬分析グループ

写真1

この人たちと一緒に働きたい、
自分の直感を信じて入社。

中学生のときにiPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞したニュースを見て、直感的に「こういう勉強がしたい」と思ったのが、理系の道に進んだきっかけです。大学ではヒトの健康を維持するメカニズムや生命の仕組みといった内容を中心に生物学や医学、薬学を幅広く学びました。研究室ではひたすら実験を重ねて研究を進める日々。仮説を立て、それを検証する工程に面白さを感じ、研究職をはじめとする技術職に絞って就職先を探しました。
業界を問わず、さまざまな企業の説明会に参加する中で、社員の方の雰囲気がひときわ和やかで、一緒に働きたいと思えたのが第一三共プロファーマでした。もちろん、就職活動は自己分析や適性を客観的に見つめた上で行いましたが、最終的に大事にしたのが「フィーリング」。実際に配属された部所は初めてお会いする方ばかりでしたが、印象は変わらず、今も人に恵まれた環境で仕事をしているので、あのときの直感を信じてよかった、と思っています。

厳格なルールにのっとり、細心の注意を払って試験を実施。

現在は第一三共グループで製造されている治験薬や、その主成分である治験原薬の分析業務を担当しています。また第一三共の分析評価研究所から、新しい品目の試験や既存品目の試験方法改良に関する技術移転を受けて、研究所側と同等のデータが得られるかを検証することもあります。固形剤・注射剤を問わず同時並行で複数の品目を試験するだけでなく、その後も安定性試験という形式で継続的に経過も見ていくため、内容は多岐にわたりますがほぼ毎日試験を行っています。

写真3

基本的に試験の作業内容は似ているのですが、品目ごとに分析機器の条件設定や使用する試薬が違っていたり、注意するポイントが異なっている場合が多いです。また治験薬ゆえに取り扱う品目は多く、ルーティーンに見える業務も実は変化に富んでいて面白いです。ただ、業務にあたる際は「人の生命に関わるものを扱っている」という意識を常に持つようにしています。試験関連の履歴は、試薬の管理からいつ誰が何の試験をどのように行ったという内容まで、すべて記録に残ります。また試験中にトラブルが生じた場合は自己判断で行動せず、まず原因を究明し、責任者の指示を受けてはじめてやり直しなどの対処ができるようになります。このようにすべての業務は厳格なルールにのっとって進められているため、試験操作に関しても一つひとつ間違いがないか確認を怠らず、緊張感を持って臨んでいます。

写真4

仕事の幅を広げる研修にも
積極的に参加。

入社後1年間は治験薬の製造に携わりました。治験薬がつくられてきた背景が多少なりとも理解できるようになって、このとき得た知識は現在の分析業務にも生かされています。ただ、さらに仕事の幅を広げるためには、製造についてもっと理解を深める必要があるとも感じています。 試験の原理や分析理論、新しい治験薬など、まだまだ勉強したいことが多いのですが、試験業務をこなしているだけで一日が終わってしまうことも少なくなく、時間が取れないことが目下の課題です。業務を効率化し、グループ内の勉強会にも積極的に参加しながら、多くの知識を習得したいと考えています。 また、第一三共プロファーマはさまざまな教育の受け皿があり、希望すれば社歴を問わず参加するチャンスがあります。私は入社1年目で、全員参加型の第一三共グループ全体の研修だけでなく、任意募集型のビジネスコミュニケーションを学ぶ基礎ビジネススキル研修に参加しました。普段は接点のない他部所の方とも話をすることができ、よい刺激になりました。

分析に限らずどの部門であっても、第一三共プロファーマの仕事は最終産物である医薬品を通して直接人の生命に関わっています。そのぶん重い責任も伴いますが、社会への貢献度も高く、やりがいがあると感じています。個人的な今後の目標としては分析業務をさらに追究していくことで、技術面でも、また一人の人間としてもより成長できるよう努力していきたいです。

写真5

1日のスケジュール

08:30~
メールチェック、装置のセットアップや使用器具の用意など、その日に実施する試験の準備
09:00~
試験※
12:00~
昼食・休憩 同じ部所の方と一緒に食堂で昼食をとっています。
良い気分転換になります。
13:00~
試験のつづき※
15:00~
昨日行った試験のデータ解析・まとめ
17:15~
業務終了、退社

※日によって液体クロマトグラフィー、キャピラリー電気泳動装置、細胞を用いる生物活性 試験など様々な試験を行っています。スケジュールは担当する試験内容をもとに自分で決め ています。

写真

Profile
2019年入社。入社後1年間の治験薬の製造業務を経て、治験薬・治験原薬の分析業務に従事。

「医薬品を通じて人々の健康で豊かな生活に貢献できること」
わたしたちと一緒に実践する仲間を募集しています。