ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. 仕事を知るの中の
  4. 社員を知る:生産技術の中の
  5. 社員インタビュー2
のページです。

社員を知る‐社員インタビュー

医薬品業界は機械系の人材を求めている

大学時代は機械工学を学んでいました。就職活動を始めた折り、OB訪問で第一三共プロファーマに勤めている大学の先輩とお会いする機会がありました。薬と機械工学は縁がないように思えたのですが、薬をつくるのは機械の仕事です。医薬品業界は機械系の人材を求めているというお話もお聞きすることができました。すぐに活躍の場を与えられえる環境であることもわかりました。
製薬は社会貢献ができる仕事です。せっかく働くのであれば、お金だけではない何かでモチベーションを高めたいと考えたのです。また、OBの先輩から福利厚生のこともお聞きし、さらなる魅力を感じました。家賃の補助があり、休暇が取りやすいことなど、労働環境の良さも入社を希望する動機となりました。

やりがいを感じる製品の包装設計

入社後はまず、工務課で設備の導入・保全を担当しました。2年目からは技術グループにて、固形・注射包装製品の改良検討や新製品導入の対応を行っています。たとえば既存品のパッケージで「箱が開けにくい」などお客様からのご意見が会社に届きます。改良を行うため、工場でどのようにしてパッケージをつくるかを検討します。
新製品においては、工場のどの製造ラインでつくるかなどを検討します。患者さんが使用する医薬品ですので、高品質で製造する必要があります。それは商品のパッケージも同様です。その責任感が私のやりがいにつながっています。自分が導入に携わった製品が無事に製造されたときや、包装設計した製品が出荷されたときは達成感を感じます。

コミュニケーション能力は自然と上達する

大学時代に論文を書いた経験が、書類作成時にとても役立っています。また、機械工学を学んでいたことから、パッケージや設備の設計図面を見て、すぐに理解することもできます。工場の設備の構造がすぐに理解できるのも、大学時代に機械工学を学んだことが活かされていると思います。
工場の作業はチームワークが必要なので、コミュニケーション能力を持つことも大切です。私は大学時代、決して人付き合いがうまいタイプではありませんでしたが、入社してからコミュニケーション能力が上がっていきました。仕事をすぐに任されるので、他部署の方々とも連携しなければなりません。仕事をしていくうちに、自然とコミュニケーション能力が向上したのです。それは、後輩社員に対して優しく接してくれる先輩たちのおかげでもあります。

目標は包装のプロフェッショナル

今後も技術を磨き、私は包装のプロフェッショナルになりたいです。工場の包装を1人で任せてもらえるようになるのが目標ですね。現在は2次包装(一次包装を補うための包装)を主に担当していますが、いずれはさらに高品質が求められる1次包装(製剤が直接接触する包装)も担当したいです。

学生の皆さんへのメッセージ

最初は「専門分野が異なる業界で、果たして活躍できるのか?」という不安がありました。しかし、同僚や先輩、上司に助けていただきながら成長し、自信もついてきました。「専攻とは違うから無理」などと決めつけず、広い視野で就職活動を行ってもらいたいです。そうすることで新たな発見や出会いがあると思います。

他の先輩たちの声

  • 生産業務‐社員インタビュー1
  • 生産業務‐社員インタビュー2
  • 生産業務‐社員インタビュー3
  • 生産業務‐社員インタビュー4
  • 治験薬‐社員インタビュー1
  • 品質保証‐社員インタビュー1
  • 品質保証‐社員インタビュー2
  • 生産技術‐社員インタビュー1
  • 生産技術‐社員インタビュー2
  • エンジニアリング‐社員インタビュー1
採用ページトップへ戻る
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。