ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. 仕事を知るの中の
  4. 社員を知る:生産技術の中の
  5. 社員インタビュー1
のページです。

社員を知る‐社員インタビュー

強い使命感を持って働ける仕事を求めて

就職活動を始めるにあたり、これまで学んできた知識を活かし、ものづくりに関わる仕事をしたいと思うようになりました。また、「強い使命感を持って働けるかどうか」というのも、自分にとって会社選びの重要なポイントでした。医薬品の製造は人の生命に関わり、高い倫理観を求められますが、仕事を通じて社会貢献できるため、入社を決めました。

配置転換のたびに知識とスキルを習得

入社してから4年間は高槻工場で、固形製剤の製造・技術スタッフを担当し、ここでは新製品の生産の立上げに携わる機会に恵まれました。自分が携わった医薬品が国の承認を受け、製品として世の中に出たときは、大きな達成感を味わうことができました。
その後、平塚にある第一三共の製剤技術研究所に3年間出向し、ここでは、固形製剤の製剤開発に携わり日々の業務を通じて、製剤に関する基礎的な知識を学び、その後の私のキャリアに大いに役立っています。
現在は、第一三共プロファーマ技術部生産技術グループで、新製品の技術的な支援と工場生産品目の課題対応を主に担当しています。まず技術的な支援について説明すると、研究所で新しい医薬品が開発されると、生産に入る前にまず、工場で生産するための技術を移転しなくてはなりません。一見簡単そうに聞こえますが、研究所と工場では生産のスケールや機械の大きさなど、条件がいろいろと異なるため、事前に予測した条件では製造が上手くいかない場合があります。最終的に新製品のラインを立ち上げるまで、数年かかることも珍しくありません。
次に、工場生産品目の課題対応というのは、すでに生産されている医薬品で不測に発生するトラブルへの対応です。この不測のトラブルに対して工場と連携し解決するのが私たちの役目です。

薬学の専門知識より求められるものとは

製剤工場では薬学の専門知識が何よりも重要だと思われがちですが、研究所から技術を工場に移転する際、原料の特性を把握し医薬品を安定的に生産するためには化学の知識、機械をスケールアップするには物理の知識が求められます。生産管理やデータ解析では統計的な知識も必要です。また、海外から査察が来たり、英語の文献を調べたりすることもあるので、英語力があるほうが仕事の幅は広がると思います。

積極的なチャレンジが評価される社風

積極的に挑戦する姿勢が評価される社風だと思います。「とりあえずやってみて」と、今の自分の能力より少しハードルが高い課題を与えられることもありますが、周りの人たちがちゃんとフォローしてくれるので、安心して取り組むことができます。また、会社の規模が大きいため、私のようにグループ会社間の出向もあります。そうした環境の変化を通して、さまざまな業務と人に関わり、常に自分自身の成長を実感できるのも魅力の一つです。

学生の皆さんへのメッセージ

私は大学院まで進みましたが、会社に入ってから重要なのは、学生時代に学んだ知識よりも勉強や研究への取り組み方だと思います。学生の皆さんは自分なりに考えて、何事も前向きに挑戦してください。目の前の課題から逃げないことで後々の成長に差が出ると思います。就職活動に関しては、就活生の特権をフルに活用して、希望する会社だけでなく、さまざまな会社を見ることをお勧めします。それが社会を知る一歩となり、必ず自分の将来の糧になるはずです。

他の先輩たちの声

  • 生産業務‐社員インタビュー1
  • 生産業務‐社員インタビュー2
  • 生産業務‐社員インタビュー3
  • 生産業務‐社員インタビュー4
  • 治験薬‐社員インタビュー1
  • 品質保証‐社員インタビュー1
  • 品質保証‐社員インタビュー2
  • 生産技術‐社員インタビュー1
  • 生産技術‐社員インタビュー2
  • エンジニアリング‐社員インタビュー1
採用ページトップへ戻る
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。