ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. 仕事を知るの中の
  4. 社員を知る:エンジニアリングの中の
  5. 社員インタビュー1
のページです。

社員を知る‐社員インタビュー

工学系の自分が化学系の医薬品会社に

以前から仕事を通じて社会貢献したいと思っていたので、医療分野には興味がありました。ただ、私が高専で専攻していたのは工学(電気)です。化学系の医薬品会社に活躍できる場はないと思っていましたが、医薬品を製造する設備には、さまざまな電気・電子機器が使われており、高専で学んだ知識を活かせることがわかりました。平塚工場の工場見学に参加して自分の働く姿がイメージでき、学校の先輩も数多く活躍していたことから、安心して入社を決めました。

医薬品の安定供給を裏で支える仕事

私が所属する工務課は、直接医薬品に触れる機会はありませんが、医薬品製造の要となる製造設備に携わる業務を通じ、医薬品の安定供給を影ながらサポートしています。 主な担当業務の1つに、製造設備の日常的な点検と修理があります。設備が常に問題なく稼働するには、日頃のメンテナンスが欠かせません。もし設備に不具合が発生した場合は、自分たちでできる限りの修理を行うこともあります。
また、新しい医薬品を製造する為の、新規設備の導入と立ち上げ業務があります。大がかりな新規設備を導入する場合、設備設置から実際に稼動するまで1年近くかかることもあります。
担当業務で一人前になるには時間が掛かりますが、上司や先輩たちが親切丁寧に指導してくれるので、安心して日々の業務に取り組めます。

必要なのは専門知識よりもコミュニケーション能力

この仕事で必要なのは、機械に関する専門知識よりもコミュニケーション能力だと思います。設備の導入時には機械メーカーの担当者とやり取りを行い、修理やメンテナンスでは、現場の人たちから状況や要望を正確にヒアリングしなくてはなりません。正直、入社前はここまで多くの人に関わる仕事だとは思っていませんでしたが、いろいろな人との出会いが自分の成長に繋がっていることを実感しています。

充実した福利厚生も魅力の一つ

福利厚生が充実していることも第一三共プロファーマの魅力の一つです。製造設備に携わる業務なので、生産が停止する休日に出勤する場合もありますが、そのような時は別の日を代わりの休日としリフレッシュできます。また、私自身も利用していますが、社宅制度も充実しており、会社からの家賃負担もあり、とても助かっています。

学生の皆さんへのメッセージ

高品質な医薬品を製造するには、さまざまな知識と高い技術力が求められるため、入社後も学ぶことが多いです。ただ、学生時代は専門分野にとらわれず、幅広い知識を身につけてほしいですね。今しかできないことにもどんどんチャレンジしてください。その経験が何らかの形で仕事に活きてくると思います。共に成長していける方と一緒に働けることを楽しみにしています。

他の先輩たちの声

  • 生産業務‐社員インタビュー1
  • 生産業務‐社員インタビュー2
  • 生産業務‐社員インタビュー3
  • 生産業務‐社員インタビュー4
  • 治験薬‐社員インタビュー1
  • 品質保証‐社員インタビュー1
  • 品質保証‐社員インタビュー2
  • 生産技術‐社員インタビュー1
  • 生産技術‐社員インタビュー2
  • エンジニアリング‐社員インタビュー1
採用ページトップへ戻る
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。