ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. 仕事を知る
のページです。

仕事を知る 
第一三共プロファーマでの業種を紹介いたします

人事・採用担当から

生産業務(製剤・包装)

「生産業務」とは、医薬品の有効主成分である原薬を患者さんが服用しやすくかつ有効性を保つために加工する「製剤工程」と、製剤化された医薬品を製品に仕上げる「包装工程」に区分されます。「製剤」には、経口で服用する錠剤や散剤のような固形製剤と、注射により投与されるアンプル、バイアル、シリンジなどの注射製剤があります。包装工程では、これらの製剤に品質を維持するための包装を施し、表示を加え、「製品」として出荷できる形に仕上げる作業をおこなっています。

治験薬(製造・分析)

「治験薬」とは、新しい医薬品の研究開発の最終段階である臨床試験(治験)に使用する医薬品です。わたしたちは画期的な新薬が少しでも早く患者さんに届けられることを願いながら治験薬の製造をおこなっています。治験薬の製造は、市販されている医薬品の製造に比べると小規模ですが、未知の課題に果敢に挑戦しながら、高品質で安定的な生産が可能な製法や試験法の確立に取り組んでいます。

品質保証(品質管理・品質試験)

医薬品には高い品質が求められます。そのため、使用する原材料から製品が完成するまでのすべての工程で、定められた手順を遵守し、規格に適合したものが製造されているかを厳しく確認しながら医薬品を製造しています。この確認の役目を担っているのが品質保証部門です。品質保証部門は、製造した医薬品を患者さんが安心して服用いただけることを第一に考えて業務にあたっています。わたしたちが製造している医薬品は、日本だけでなく、世界中に供給されています。品質保証部門は、それぞれの国の厳格な基準に適合した高い品質の医薬品を保証する重要な役割を担っています。

生産技術(技術マネジメント・技術検討)

医薬品の製造には高度な技術が必要です。高い品質の医薬品を安定的に製造するため、生産技術部門ではよりよい原材料の選択、製法や試験法の改良に取り組んでいます。近年、新しいタイプの医薬品が数多く上市されており、これに必要な新技術の導入も積極的におこなっています。また、今後ますます求められる服薬が容易な医薬品の提供にも積極的に取り組んでいます。

エンジニアリング(設備導入・メンテナンス)

医薬品は高度に管理された設備と環境の中で製造されています。この設備と環境を適切に維持し、品質の高い医薬品の安定した製造を支える部門がエンジニアリング部門です。また、エンジニアリング部門の重要な役割として、新規設備の導入や既存設備の改良があります。これらの設計や設置後の保全・メンテナンスまでを一貫して担当し、より効率的な生産に貢献しています。さらに、「環境にやさしい工場」を目指して、省エネルギーの推進、環境の維持向上の業務にも取り組んでいます。

採用ページトップへ戻る
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。